2012年01月31日

高脂血症とは

 高脂血症は、心筋梗塞や脳梗塞と関係があります。

 高脂血症とは、血液中の脂質、具体的にはコレステロールや中性脂肪(トリ
 グリセリドなど)が、多過ぎる病気のことです。

 血液中にはコレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸の4種類の脂
 質がとけこんでいます。

 ところが、血液中の脂肪が異常に増えても、ふつうは、症状はありません。

 そのため、自覚症状はありませんし、「高脂血症です」といわれても、それ
 が何を意味するのかわからない人が多いです。

 そのため、そのまま放置してしまうケースが多いようです。

 しかし、放置したらどうなるかと言いますと、増えた脂質がどんどん血管の
 内側にたまって、動脈硬化になってしまいます。

 ところが、さらに、動脈硬化になっても、まだ自覚症状がありません。

 ついには、心筋梗塞や脳梗塞の発作を起こして、やっと高脂血症の重大さに
 気づくというわけです。





ラベル:高脂血症
posted by くりおね at 21:44| Comment(0) | 高脂血症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

生活習慣の改善2

 具体的な治療は、血圧がどの程度高いのかと、高血圧以外の心血管病のリス
 クがどのくらいあるかによって3つに分けられ、それぞれちがってきます。

 例えば、低リスク群は、生活習慣改善を治療の中心としますが、生活の改善
 を6か月続けても血圧が140/90mmHg未満に下がらない場合には、くすりに
 よる治療が併せて行われるようになります。

 中等リスク群も、まず生活習慣の改善から取り組むんだけど、低リスク群よ
 り早く、3か月後に140/90mmHg未満に下がらない場合には、降圧薬治療を
 合わせて行っていきます。

 高リスク群と重症血圧患者は、高い血圧のまま放置すると危険なため、はじ
 めから生活習慣の改善と薬物療法を同時に始めることになります。

 くすりを飲み始めても、生活習慣の改善をしなくていいということはあり
 ません。

 わるい生活習慣を改めることは、高血圧の治療改善にとって大事になりま
 す。生活習慣を改善することは、血圧を下げるだけでなく、ほかの心血管病
 のリスクを下げることにもなります。すべての高血圧患者の治療に、生活習
 慣の改善が基本になっています。
ラベル:高血圧 生活習慣
posted by くりおね at 22:40| Comment(0) | 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生活習慣の改善

 本態性高血圧になったり、それが進んだりするときには、遺伝因子とともに
 環境因子が複雑にからみあっています。

 従って、治療を進めるにも、環境因子の多くを占めている生活習慣の改善を
 抜きにして考えることはできません。

 生活習慣が改善されますと、血圧を下げる効果があることもわかっていま
 す。

 生活習慣で改善しなければならないおもな項目は、次のとおりです。


 ・食塩摂取量を制限します

 ・適正体重を維持します

 ・アルコール摂取量は適量にします

 ・適度な運動療法をします

 ・禁煙

 ・脂質(飽和脂肪酸やコレステロール)の摂取量を制限します
ラベル:生活習慣
posted by くりおね at 05:53| Comment(0) | 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。