2012年03月30日

脳卒中の危険因子1

脳卒中を防ぐには、どんなことに気をつければいいのでしょうか?

 最も大切なのは、高血圧を防ぐことでした。

 そのほか、高血圧を防ぐには、関係のあるいろいろな病気を防いだり、治療したりすることと、高血圧の原因となるいろいろな生活習慣を改めることが大切になってきます。


 1.大量飲酒

  1日に1合を越えてお酒を飲む人には、脳卒中で死亡する人が多くなります。

 2.たばこ

  1日平均40本のたばこを吸う人は、吸わない人に比べて、約4倍も脳卒中で死亡しやすいとされています。

3.運動不足

  運動が不足しますと、食事でとったエネルギーを消費しきれず、肥満につながるばかりではなく、糖尿病や高脂血症、高血圧も引き起こします。

 4.肥満

    脳卒中の危険因子である高血圧や糖尿病の原因になるため、間接的に脳卒中の
危険因子となります。
ラベル:脳卒中 危険因子
posted by くりおね at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳卒中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストレス

「そんなに怒ると血圧が上がるよ」などとよくいわれます。怒り、悲しみ、
 緊張が続いたり、つらい体験などによるストレスを「情動的ストレス」と言
 います。

 情動的ストレスは血圧を上げるという報告がある一方で、ストレスと高血圧
 の関係を証明できなかったという報告も多くあります。

 しかし、情動的ストレスが、少なくとも一時的に血圧を上げることは間違い
 ない事実ですし、私たちはそれを経験的にも知っています。

 ですから、高血圧の予防には、かかったストレスはなるべく早く解消し、心
 身ともにリラックス状態にもっていったほうがよいわけです。

 入浴、アロマテラピー、マッサージ、好きな音楽を聴く、好きな花を買って
 くる、なんでもよいので、自分なりのリラックス法を見つけて実行するとい
 いでしょう。
ラベル:ストレス
posted by くりおね at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳卒中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

脳卒中の予防法1

 脳卒中を防ぐには、どんなことに気をつければいいのでしょうか?


 最も大切なのは、高血圧を防ぐことだと言えます。
 ======================

 高血圧を防ぐために大切なのは、塩分をとりすぎないことです。
 ========================


 塩分をとりすぎますと、体内の塩分の濃度を下げるために、たくさん水分を
血管内に吸収します。

 そうすると、血液の量が増えますから、血圧が高くなります。

 それから、野菜や果物に多く含まれるカリウムには、塩分をからだから出す
はたらきがありますから、これらの食品をとることも大切になってきます。

 脳卒中も、やはり、喫煙は悪影響を与えます。

 たばこは、いつ止めても遅くありません。禁煙できなくても、数を減らすうにしたほうがよいでしょう。

 (^。^)y-.。o○ (-_-;)
ラベル:脳卒中 予防
posted by くりおね at 05:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳卒中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。