2012年08月15日

運動の量2

 高血圧とは、血圧が一定より、高い状態が続くことです。

 高血圧の診断は、診察室で、水銀血圧計か、それと同等の正確な自動血圧計で正しく測った数値にて、高血圧かそうでないかが、判断されます。

 ところが、運動など活動中の血圧は、運動の強さによって常に変動しているのが実態です。

 一回目の測定で収縮期血圧160/拡張期血圧90mmHgだった人が、数分後には140/80mmHgに下がっているなどということがあります。

 血圧を正確に測るためには、少なくとも15分間は静かにすわって安静にしてから、測ることが望ましいとされています。



 血圧測定前の30分以内に、カフェインが含まれている飲み物を飲んだり、たばこを吸ったりしますと、血圧が変動するので、それらは、控えた方がいいでしょう。
posted by くりおね at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。