2012年08月17日

家庭血圧

 病院や診療所で測ってもらう血圧のほかに、最近注目されているのが、家庭血圧です。

 病院や診療所で血圧を測ると緊張して、本来のその人の血圧よりも数値が高く出てしまう人がいるわけです。 (*_*;)

 自宅でリラックスしているときに測るほうが正しい血圧が測れると考えられるようになったためです。 (*^_^*)

 それに、自動血圧計が使いやすくなっていますし、非常に正確になったことも、家庭血圧を重要視するようになったことにつながっています。

 ただし、指先や手首で測るタイプの血圧計では、あまり正確に測れません。

 高血圧かどうかの判断は、心臓とほぼ同じ高さで、「上腕(二の腕)の血圧で行う」と決められています。

 それに、指先の血圧と上腕の血圧では差があって、指先は極端に高くなったり低くなったりします。

 もちろん、上腕血圧計で測るときも、正しく測らないと意味がありません。
posted by くりおね at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。