2012年08月22日

高血圧の治療

高血圧治療の目的は、血圧を下げることそのものではなく、将来の心臓や血管の病気と、それらの結果としての虚血性心疾患や脳卒中を防ぐことです。

 適切な降圧治療(高血圧の治療)は高血圧患者に多くの有益な効果をもたらすことがわかっていますから、高血圧だと診断されたら、自覚症状がないから平気だなどとも思わずに、早く治療を始めたほうがいいでしょう。         
 

 高血圧と同時に、すでに糖尿病や高脂血症、肥満など、心血管病の多くのリスクをもっている人は、治療を受ければ、より大きな効果が得られます。

 軽症の人でも、すぐに治療を始めれば、くすりを使わずに血圧を下げることができますし、その後、適正な血圧を維持することも、可能となります。


 高血圧と診断されたら、すみやかに治療を始めます。 (*^_^*)
 =======================


 高血圧の人が、腎不全や心不全、糖尿病など、すでにほかの病気を持っている場合にも、高血圧と並行してそれらの治療が進められます。

 多くの生活習慣病は、表面にあらわれた病気は違っていても、危険因子のいくつかは共通して、同時に並行していくつかの病気を治療していくことが、可能になっています。



ラベル:治療 高血圧
posted by くりおね at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。